あるといいブログ

気になったニュースやコラムなどを掲載していきます。よろしかったらご意見お寄せください。

ご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村に登録しました。よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村





以下のブログと小説を書いています。よかったらこちらにもお越しください。



あるといい旅案内(ライブドアブログ)

あるといいブログ(このブログ)

雇われない生き方を探るブログ(アメーバブログ)

アナザーズ 冒険編1 ~ウルグ~(小説家になろう)


遅刻グセのある人に、時間を守れない理由を聞いてみた


守れない、ではなく、守らない、ではないでしょうか。
すいませんが、言い訳に聞こえます。


>身支度

回答者は女性ですし、プライベートのケースも含むでしょうから、千歩譲って理解できますが、それでもどうなんだと思います。
遅れが許されないケースは、プライベートでも、まれにあります。


>時間に余裕があると思って・・・

気持ちはわかります。たぶんこの次の回答と合わさって来るのだと思いますが、余裕を無駄と考えるのはNGです。余裕は余裕で無駄ではないです。
それは精神的な余裕も自ら失うことにもなります。

時間の配分が下手なんでは、という意見があります。
下手なんではなく、余裕を無駄と考えているのが一番の原因だと思います。


>ギリギリを見積もってる

出ました。遅刻魔のもっともメジャーな言い訳。

馬鹿ですか。
ギリギリを見積もれるなら、余裕も見積もってよ。

最近、経路検索があちこちにあります。
あれを鵜呑みにする人が非常に多いです。10:23に着くなら1秒と違わず着くと盲信する人が。
経路検索は、たんにデータベースから計算して情報を引っ張り出してるだけですからね。
到着した駅、電車の出口、駅の出口、混雑状況などによって、着く時間は分単位で変わってきます。
言われなくても数分のずれは確保すべきなんです。


>相手に甘える

相手のせいでもあるっていいたいんでしょうか。
自分にとって相手が遅れていい相手だと思うなら、相手もあなたをそういう目で見る日が来ますよ。取引上の上下がはっきり決まっている場合は別かもしれませんが。
時間を守ることを、仕事とプライベートと同じに考えられないのでしょうか。



私も時間管理がうまいほうではないので偉そうなことは言えません。
それでも、遅刻したことはほぼありません。(あっても数年に1回レベル)
本当に時間管理がうまいといえるのは、ギリギリを見積もることではなく、自分のことをわかったうえで、スケジュールを組める人のことを言うんだと思います。そこには余裕を見積もることも含まれます。


遅刻をよくされる側になってる人は、相手は自分のことをこう考えてるんだな、って思って、付き合い方を考えたほうがいいのかもしれませんね。
たとえば、遅刻を前提にして、待ち合わせ時間をわざと早くするとか。

「一瞬で嫌われる言動」ワーストランキング

してる覚えはない!
・・・といいたいけど、そう思うほど、あるような気も・・・。

時間にルーズではないし、嘘もつかないし、詮索も無い。
感情的、会話が飛ぶ、雑談が続かない、最後まで聴かない、はあるかもしれない。。。

切羽詰まってるときは、どうしても感情的になる。
相手の調子に合わせることはするけれど、自分がネタが少ないだけに、なかなか話を振れない。
会話は飛ばないようにしてる・・・はず。

最近コミュニケーション能力が重視されていると聞くから、必要以上にゴマすったりあからさまな言動だったりは嫌われる傾向にあるみたい。そういう人がいないわけでも、そういう人が結果的に出世しないわけでもないんだけど。

上は下が多いからあまり見ていないかもしれないけど、下は上を良く見ている。
特に派遣社員は、一歩離れた場所から職場を見る人が多いです。やはり結果として外の人間なので、内部の人が感じないことも感じています。
たとえば仲間同士のあいまいな対応とか優遇措置とかです。離れた現場に対しては絶対しないことを、隣部署の人からだったら行うというような。

人の性格なんて年齢に比例して変えにくくなっていくから、ある程度は、やむなしな部分もあるかなと思うものの、だからといって改善しない手はないですよね。
楽しい社畜生活(爆)のために、改善できるところはしていきましょう。

電車で座りたいのは、出勤時?、帰宅時?


このアンケートからすると、本当に真っ二つみたいですね。

私は、帰り派です。
私の場合、朝から仕事なら、起きてから仕事して帰ってくるまで仕事モードです。
朝遅くとか午後からなら、スーツに着替えてからが仕事モードかな。
電車の中で仕事モードに移行することもありません。仕事があがって電車の中で一息つけるなら、それはそれでいいかなと思います。

もっとも、うちの近所では、時間は短いもののどっちも座れませんが。
ちくしょう。


「出勤」「帰宅」双方に言えるのは、体力面。
仕事の前に体力を温存したい。仕事で疲れているから。

出勤時に座りたい人は、出勤中に仕事内容を整理したり仕事モードへの移行準備をしたりする人もいるようです。

しかし帰宅に関しては、出勤派を含めて少しでも早く帰りたいからと割り切る人も多いようです。
最初は立って乗る、という方が、8割以上います。

余裕を感じられるのはどっちか、と、いわれたら、アンケート上では、出勤派に見えます。
仕事モードにどこで入るかなんでしょうね。
出勤派の人は、職場の最寄で降りてから。帰宅派の人は、家を出るか職場に着いてから。
どこで仕事モードでなくなるかは、どことも言えない感じがします。

私みたいな考えって、きっと社畜とかワーカーホリックとかなんでしょうね。
けど男性はどこか社畜のにおいがするものだと思います。

どちらにしても、心身の健康には留意しましょう。
自分が会社を助ける可能性は、会社が自分を助ける可能性より高いですから。

↑このページのトップヘ


----------------------------------------------------------------------------------------

ライブドアで2つのブログを書いています。

1日1投稿を目指しています。よろしければご覧ください。

あるといい旅案内 (このブログ)
http://alto-tabi.livedoor.biz/

あるといいかもしれ ない日記
http://alto-iikamo.blog.jp/

----------------------------------------------------------------------------------------