あるといいブログ

気になったニュースやコラムなどを掲載していきます。よろしかったらご意見お寄せください。

ご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村に登録しました。よかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村





以下のブログと小説を書いています。よかったらこちらにもお越しください。



あるといい旅案内(ライブドアブログ)

あるといいブログ(このブログ)

雇われない生き方を探るブログ(アメーバブログ)

アナザーズ 冒険編1 ~ウルグ~(小説家になろう)


最近、コンビニで現金払いすることについて話題がありました。

記事検索するとなかな出てこないのでURLは割愛しますが、話題になったのは2つです。

(1)会計が680円で1180円出した。そういう出し方 する男は気持ち悪い
(2)コンビニで現金使う人は頭が悪い

もちろん発言した方のつまらん主観であることは疑いようがありませんが、気になったのでお題にしました。


私はコンビニに限ればほぼ現金です。
セブンイレブンではnanacoを持っているのでカード払いですが、ローソンやファミマやNEWDAYSはすべて現金です。公共料金を払うときは、セブンイレブンでも現金です。
クレジットカードはほぼ使わないので、オートチャージもなしです。

個人的には、電子マネーに限れば、店ごとにカードを持つほうがめんどくさいです。
会員登録してカードも持って、って。
交通系ICカードにすればある程度解消されるでしょうけど、これはこれで使える場所は限られます。

ポイントがついてお得だってCMをよく見たり聞いたりします。
100円で1ポイントついて特別嬉しいことがあるのでしょうか。つかないよりはいいくらいの感覚だと思うのですが。

現金を触るのが気持ち悪いって人も中にはいるようです。(1)以上に論外な話ですけど。
チャージするときに現金触ってると思うんですけどね。
現金をなくすよりカードをなくしたほうが100倍やばいのに。
カードを使えない世界なんていくらでもあるのに。

もちろん、カードを使うことはまったく否定しません。使える人は使えばいいと思います。
小銭で財布がふくらむこともありませんし。カードでふくらむ可能性はあるんですけどね。


(1)については、言った方のエゴでしかないので論外なんですが、少しだけ。

払い方にグダグダ言われる筋合いは当然ありません。
出し方以前に、個人的には、そういう店員のいる店では買い物したくないです。
裏で思うのは構わないですけど、ネットも含めて表に出さないでほしいです。

実際には、お金の出し方で細かいこと言う男は嫌だってことなんでしょう。ケチな印象だってことで。
まあそういう考え方もあるのかって程度です。
私は普通にやってます。気持ち悪い上等です。


(2)は、少ないカードで多くを賄えるなら、カードで済ますのもありなのかなとは思います。
前述通り、基本的に現金払いではありますが、カードを使うことは全く否定しません。
コンビニではないですけど、鉄道ではほぼICカード、ドンキではmajica、スーパーは現金です。

うちの近所みたいに、全般的に1つのカードで済まない場所もカード自体使えない場所はいくらでもあるので、全店共通で使える「現金」は最適最強という認識です。
便利なら便利な範囲で使えるものを取捨選択すればいいだけの話で、一辺倒にはなりません。あたりまえですが。

(2)で、単純な意味での頭のいい悪いを考えるなら、都度計算をすることになる現金のほうが、絶対に頭いいです。今は特にしませんけど、簿記の勉強してたとき、頭の体操を兼ねて、スーパーの買い物を暗算で計算するってのをよくやっていました。
カードだとほぼ千円単位です。円周率を「3」としか認識しないとか、でかい単位でしか考えないアベノミクスみたいになりかねません。

使える範囲でかさばらないなら使えばいいし、使えない場所でも使えるようにしたいならクレジットカードや現金にすればいいんです。

今後、仮想通貨が通常の買い物で使えるようになる動きがあり、場合によっては現金の存在が薄れていく可能性が出てきます。ただそれでも、全国で使えるわけではありません。

買い物において、「現金」が最適最強のツールであることは、当分の間は変わりありません。

「プレ金」見直し案公表へ 原則は月末、曜日を柔軟に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00000008-fsi-bus_all

以前、プレミアムフライデーに関しては回書きました。


1回目はこちら。
http://alto-iikamo.blog.jp/archives/24181516.html


2回目はこちら。
http://alto-iikamo.blog.jp/archives/25257422.html


ようやくわかってくれましたかくそ経団連、という感じではあるものの、結局目の前のことしか見えてない感じが継続しているように思います。経団連はもちろん、その恩恵を受けるはずの方々も。


過去記事とは少し変えますが、プレミアムフライデーの主旨は「時短」「余暇を楽しむ」だと思うんです。

労働時間を少し減らして、その分楽しもうというような。

当然の話ですが、全企業、全部署、全契約、全従業員、がまったく同じタイミングで早帰り、なんて絶対にありえません。少し考えればわかる話を、統一して考えることはもちろん、ウチはダメだと批判を上げるのも疑問です。


本来の主旨が固まっていれば、月末でなくても週末でなくてもいいはずなんです。
企業ごと、部署ごと、できれば個人ごとで、プレミアムデーを決めればいい話です。

たとえば、「年次有給休暇とは別に、1か月に1回、半日休暇を認める」とか。半日単位*1でのみ使え、有効期限は3か月くらいにしておけばいいです。半休は午前午後どちらでも可、1週間前までに申請、ということで。
あくまでも、たとえば、ですが、こういう形なら、みんなそれぞれの事情で取得できるようになるのでは。

経団連の頭がカタイのは当然としても、言われたことを鵜呑みにしてしまう企業や社員さん側にも問題があるように思います。

先日、サイボウズのCMが話題になりましたが、楽しい余暇を過ごして楽しく仕事するために、みんなでもう少し柔軟な考え方をしてみてはどうでしょうか。

できることなら、契約社員や派遣社員やパートやアルバイトなど、時給で働く人に不利益のない形で対応してもらえると、もっとありがたいです。


「国難突破解散」といわれた解散を経て、衆議院選挙が決定しました。

それより驚いたのは、民進党が、部分的にしろ、希望の党に合流するということ。

勢力的には逆だろうと思うのですが、民進党の前原代表も相当の覚悟を持ったように見受けられます。


民進党の判断には賛否があるようです。
否定するのがあたりまえです。民主党時代から野党第一党だった民進党が、国政政党はおろかいち政党としてなんの実績もない希望の党に合流するんですからね。

ただ、個人的にはいい判断だという認識です。
これまで民進党は、維新を取り込んでもなお変わることができませんでした。
その民進党というブランドを捨てて、まだ国政ではなんの実績もない希望の党に乗っかろうというのは、並の覚悟ではないと思います。
もしかすると、当選後は数にものを言わせて希望の党を乗っ取る算段や、当選後は民進党に戻る算段をしてるのかもしれません。後者は可能であっても、前者は明らかに不可能なんですけどね。

もちろん、それで民進党自身が変わらなければ、何の意味もありません。
事実上の解党、なんて報道もありますが、あくまでも合流にすぎません。参議院にだって民進党議員はいるのですし。
政権批判だけを行うようでは、希望の党と組んでも、依存しても、だめです。
国民が聞きたいのは、「安倍政権がだめだから倒そう」ではなく「安倍政権がだめだからこうしたい」です。政権交代が成ったら「具体的に」なにがしたいかです。
そこを持つことが、ある意味鍵になるのかなと思います。


その希望&民進を、自民党が脅威に思うのは正しいです。
都議会議員選挙から見ても、大惨敗でなくても過半数を下回る可能性は充分にあります。
理由としては、希望の党の話題性です。日本人はとても話題に弱いです。民進党がどうであれ、希望の党に話題を見出せばそっちに行きます。希望の党を支持するなら民進党にも波及するでしょう。


きちんとしたプランが無いとだめ、政権批判以外を聞きたい、というのは、希望の党自身も同じです。
単独で奪取はできなくても、与野党逆転になる可能性は、現状では具体的な可能性が出てきています。
立候補の人数次第では、民進党に代わる野党第一党になる可能性はさらに高いです。
そうなったとき、国あるいは野党をどう操作していくかが問われます。

民進党は多くの議員を公認にしてほしいと申請しています。
くれぐれも、その波に呑まれないようにしていただきたいです。最悪、本当に民進党に乗っ取られて、いままでの民進党みたいに批判だけ数だけの党に陳腐化してしまいます。
小池さんには、しっかりと運営をしてもらいたいものです。


今回の選挙は、大波乱に満ちています。

投票結果次第では、今の景気が一気に良くも悪くもなります。
投票率はある程度上がるでしょう。前回が52%とのことなので、60~70くらいはいきそう。

投票される方は、どうか話題には惑わされないで、きちんとご自身の目や耳や頭で、どう投票すべきか判断をしてもらえたらと思います。

↑このページのトップヘ


----------------------------------------------------------------------------------------

ライブドアで2つのブログを書いています。

1日1投稿を目指しています。よろしければご覧ください。

あるといい旅案内 (このブログ)
http://alto-tabi.livedoor.biz/

あるといいかもしれ ない日記
http://alto-iikamo.blog.jp/

----------------------------------------------------------------------------------------